カテゴリ:座談会報告( 11 )
7月度例会報告&次回例会のお知らせ
7月27日の例会に於きまして、この秋の「支部展」の討議を行い、下記の通り最終結論と
致しました。

1 推進途中に諸問題が生じ、その解決に多くの時間を割き、現時点で数々の準備に遅れ
  が生じ、スケジュールの立て直しが厳しく、止む無えず、秋の開催を中止、延期する事
  になりました。
2 今後仕切り直しをして、今期中の開催を目標に再スタートを切って、支部展を大成功さ
  せていきたいと思っております。

つきましては、今期支部展に向けて、例会を下記の要項にて開催致します。
8月度は都合により、開催日を変更して行いますので、お間違えのない様お願いします。


                         記

【開催日】        平成20年9月7日(日)

【時 間】         14:00~17:00

【会 場】       モンセーヌ加島ヴィルコート   1階 ギャラリー
       
        〒532-0031 大阪市淀川区加島3丁目中1番7-102
      
  JR神戸・京都・大阪方面からは、尼崎駅で一旦下車、東西線乗り換え、加島駅
  下車。又は、JR東西線北新地駅から乗車の方は、同様加島駅下車、「2ィ出口」
  より徒歩1分。阪急電鉄で来られる方は、十三駅下車、市バス・阪急バスの十三
  乗り場から「加島駅行」に乗車、終点加島駅下車徒歩1分。
  マンション入り口で「102」を押して、呼び出してください。

【内 容】  1. お楽しみ情報交換会。
          展示をされる方は、13時30分に来場ください。
        2. 支部展覧会の企画案発表。
         
【参加費】    500円(会場でお支払いください)  


【お申込み方法】 
       ネット会員の方は、イベント名、氏名、電話番号をお書きの上、9月5日(金)
       までに関西支部までお申込みください。
       初めて参加される方は、「初参加」と明記してください。
       kansai(a)jpps.jpへ送信してください。(a)をアットマークに変えてください。

                                               以上
[PR]
by jpps-kansai | 2008-08-15 01:21 | 座談会報告
2月度例会のご報告
近畿各地に大雪注意報などが出る中でしたが、
2月24日(日)14時から2月度例会が開催され、
18名の方が、参加されました。

お楽しみ情報会は、1月度の大阪城公園撮影会の作品や
最近の撮影作品が会場に展示されました。
針穴カメラやグッズも並べられました。
黒川会員は、ゼロ番シャッターから3番シャッター、
さまざまな改造シャッターを並べ、
カメラもマミヤプレスの蛇腹を活用した69版カメラを発表されました。

c0084071_20451860.jpg


秋山会員は、おなじみのホルガの改造カメラ、
シャッターはジャンクの蛇腹カメラから、更に特殊ファインダー、
グリップも取り付け、手持ち撮影が可能なように工夫、
かなり高価なカメラの出来上がりです。
そのほかにもジャンクカメラから取り出したシャッターを取り付けた69版カメラなど
皆さん作品も勿論ですが、カメラの前で、針穴談義がはずみました。 

1.例会の内容

1. 支部長挨拶
  昨年暮から肺炎で体調を崩し、入院や静養をしていたが、やっと元に戻りました。
  今秋には、支部の最大行事である「支部展覧会」を開催する予定で進めています。
  これに向けてがんばってまいりましょう。

2. グループ展の案内が、お二人の方から紹介されました。
1) 京都針穴写真倶楽部(代表 秋山哲男氏)3月26日から4月1日、
  京都祗園西利ギャラリー、京都在住などの支部会員も多数出展する。(針穴写真展)

2) 井坂会員が所属している「アウラ写真展」が、富士フォトギャラリー大阪で
  2月28日から3月5日まで開催されます。(一般写真展)

3. 3月以降の行事の確認と決定事項は、次の通りです。
 1) 3月度の撮影会は、3月30日(日)
   「京都散策撮影会&京都針穴写真倶楽部展を観よう!」に決定いたしました。
   京都の桜の花の見頃を迎えますので、まずは祗園の西利ギャラリーに集合し、
   京都御苑、上賀茂神社、祗園白川などへ撮影に出かけることになりました。

 2) 4月度例会は、4月20日(日)14時から加島ギャラリーで、開催予定です。

 3) 世界ピンホール写真デイに賛同して、特別ミニ撮影会を各地区で実施予定です。
   大阪地区及び支部としては、「大阪万博公園」を計画しております。
   4月上旬には、ミニ撮影会の撮影場所など改めてご連絡いたします。

 4) 秋の支部展覧会の会場の申込み受付が、3月1日に始まります。
   抽選となりますので、一回で決まればよいのですが。
   会員の皆さんの現時点での出展予約申込みは、24名約50点となります。

4. 平成20年度活動方針について
 既にアンケート調査の報告時、12月度の例会において、皆様に
 内容の検討とご意見を頂きながら、最終の調整をした内容の報告をいたしました。
 年間スケジュールも報告、定例行事を実施するのは、たいへん厳しい状況ですが、
 皆様のご協力の下、完全実施していく予定です。
 骨子については、次回の「針穴だより2号」に掲載いたします。

5. 秋の支部展覧会の打合せ検討事項について
 1) 会場は、二つのブロックに分けて展示する。
   一方は、半切サイズの額縁(今後も同じものを使用する)で統一し、展示する。
   もう一方は、一定の大きさのパネルやマットを使用し、
   写真サイズは、あまり囚われない方法で展示する。
   詳細の決定は、会場が決まり次第、再度打合せいたします。

 2) 統一ブロックは、半切の同じ額縁で、バックシートでの裏打ちをしたものとし、
   ガラスやアクリル板は使用しない。

 3) 皆さんからの要望事項などは、次の通りです。
   すべて会場が決定次第、再検討し、詳細を決定いたします。
  イ 搬入と搬出の方法を皆さんが出しやすいように、色々検討してください。
  ロ 当番も毎日2名程度は、最低必要になる。
  ハ 案内状などの配布先の検討もしておいてください。
  ニ 出展する作品については、8月の例会までに、2Lサイズで、
    提出してもらい、会場レイアウトの検討をする。
  ホ 搬入時及び搬出時には、夫々10名程度の人数の確保が必要である。

 4) 想定される出展費用についても、会場決定次第、決定いたします。
   会場費用は、平日1日当たり@5400円、土休日6480円です。

c0084071_20452888.jpg


2.特別講座「撮影の基本技法を学ぶ」

日写連大阪本部の審査委員などをされておられる
川岸じろう会員に、担当していただきました。

 写真撮影の基本は、まず構図にあり、これを身につけることが、写真撮影、
 勿論針穴写真撮影にとっても、最も大切なことである。
 主題は何か、主題をどこにおくのか、何を強調しようとしているのか、などを
 対比写真で説明され、比較的経験の浅い方もベテランの方も納得の表情でした。

 三分方を生かした写真、日の丸写真でも、良い写真、悪い写真、安定感のある写真、
 不安定な写真、動きのある写真、写真に迫力を出すためには、
 カメラアングルを変えるだけで、こんなに違った作品なる。
 など実例写真で見ると納得という次第です。

 会員の作品を講評していただきましたが、基本に基づき、内容を説明いただき、
 夫々の写真をどのようにトリミングすれば、より良くなるかを実例で
 示していただきました。
 少しの配慮で、写真はこんなに変わるものとは、というのが実感でした。

 今後この特別講座は、色々皆さんが学びたいテーマを選び、
 実施していきたいと思います。ご要望をお知らせください。


以上
 
[PR]
by jpps-kansai | 2008-02-28 20:46 | 座談会報告
11月度 例会の報告
 11月25日(日)紅葉が最高の針穴写真日和、しかも連休最終日とあって、参加される
方が少ないのではと考えておりましたが、14名の方が集まられました。
 お楽しみ情報交換会は、先月の奈良での撮影会の作品、秋をテーマとした作品が会場
一杯になりました。勿論新作カメラも登場し約30分程度、皆様それぞれに楽しく情報交換
をされておられました。例会を少し繰り上げて、14時30分より開始いたしました。

1.支部長挨拶と会員の受賞や個展等の紹介
 1)支部長は岡山の熱気球のイベントに参加、プロ・アマチュアカメラマンの方々からピン
   ホールカメラの件で、色々と質問を受けたそうです。
 2)大阪の川岸じろう会員が「光展」公募で特別賞(三重県議会)を受賞されました。(ピン
   ホール以外の作品です)
    (12月11日~16日 大阪市立美術館にて展示されます )
 3)京都の秋山哲男会員の針穴写真展が、PPKGオープニング記念招待作家展として開
   催されています。
    (11月27日~12月2日京都市上京区志市下立売通大宮西入ル
         「 PHOTO PARTNER KYOTO GALLERY 」
c0084071_14165296.jpg

2.報告事項
 1)平成20年度の関西支部の最大行事の一つである 「支部展覧会」 9月の実施に向け
   て、大阪梅田駅前第二ビル「大阪総合生涯学習センター」の申込みをすることに決定
   いたしました。詳細については、2月度の例会で打合せいたします。
 2)アンケート調査の報告については、既に報告書を配布済みであり、経過と来年度の活
   動方針にこれをどう活かすか、検討材料としての内容の説明がありました。
 3)12月度の例会は、12月16日(日)14時~17時です。参加お待ちいたしております。
   内容としまして「お楽しみ情報交換会」では、皆様の今年一番気に入った写真を展示
   発表してください。例会のあと、会場にて簡単な忘年会を開催いたします。
 4)来年の予定について
  ① 1月度は、撮影会を予定しております。(場所は未定ですが、大阪市内です。)
  ② 2月度の例会では、川岸じろう会員による特別講座「作品のヒント作り」を開催いた
    します。作品づくりに欠かせない基本から勉強いたします。ご期待ください。
    尚、皆さんの作品を見ていただきます。ご希望の方は、2Lサイズのプリントを、12
    月度例会にお持ちください。講座の中で、アドバイスして頂きます。

3.互評会は、大阪の吉田満利さんが、自らの写歴と今後について発表されました。
 1)写真を始めたきっかけ、今迄撮り続けてきたモチーフ、そして針穴写真に出会った時
   のことなどを、その時々の作品を中心に話をされました。
 2)朽ちていくもの、自らが育った30年代の風景、そして手軽に散歩写真を追い求めてき
   たそうです。
 3)「平凡なものを」 「平凡な写し方をしても」 「平凡な写真しか撮れない」 と師匠に言
   われたが、これからも「平凡なもの」「日常の見られるもの」そして「朽ちていくもの」を
   撮り続けたい。しかも、昔から写してきた「赤外線フイルム」で、これから、針穴写真に
   挑戦したいとのことです。
c0084071_14172712.jpg

4.作品づくりのヒントコーナーは、京都の大塚努会員の「ピンホールの目」のお話でした。
  針穴写真の個展、そして朝日新聞への連載と活躍されておられます。
  数多くの個展に出された作品が展示され、すばらしいプリントの仕上がりに、ため息をつ
  いておりました。そんな中でのスタートです。プロジェクターを使用し、参加者は、ストリー
  に 引き込まれて行きました。
 1)ライフワークのお話、トイカメラとの出会い、そしてピンホールカメラでの作品づくりに至
   った経過など、話題の写真を取り入れながら、説明されました。
 2)ZERO45を使用された経過、お寺めぐり、石仏との出会い、撮影の方法、既製のファイ
   ンダーから「心のファインダー」へのお話、今後「8×10」カメラへのチャレンジもされる
   そうで、カメラも作品も是非見せていただきたいと思います。
 3)皆さんからは、撮影時の心構えや、石仏を撮るときお参りをしてから撮るのかとか、こ
   れだけ撮られていると霊的なものが写ることはないかと、色々質問がありました。
 
5.新作針穴写真機のコーナーでは、次の紹介がありました。
 1)大阪の井坂さんは、蛇腹付ポラロイドカメラとマミヤ67ホルダーの合作カメラ、可変式
   焦点距離、バルブシャッター機能、2つのピンホール切り替え可能の便利なカメラを発
   表されました。写りも良く、コストも1万円程度、大変満足しておりますとのことでした。
 2)神戸の黒川さんは、すでに作製済みの4×5カメラの超広角への改良と実写の経過、
   今後の使用方法(印画紙用カメラとして使用する)などを発表されました。超広角にし
   たことによるケラレの改善、何時見ても、ジャンクカメラ取り出しのシャッターやボディ
   ーの仕上げは最高でした。
 3)京都の篠原さんは、以前作製していた69針穴カメラを、ゼロ番シャッター付きに改良、
   ゼロ番は口径が小さいので、ケラレが出る、これの改良は、リバーサルフイルムの保
   存ケースのキャップを使用することで、対応し、50mm、0.3mm、F166を完成、テ
   ストの写真もカラー、モノクロ両方で確認し、満足されたとのことです。(ISO800を入
   れると威力が発揮されそうですね。)
   以上17時を少し過ぎたところで終了いたしました。
[PR]
by jpps-kansai | 2007-11-28 14:21 | 座談会報告
ミニフェスタ関西&9月度例会の報告
第一部  ミニフェスタ関西          実施時間   13:00~15:00 

 小雨降る中、12時過ぎから大きな荷物を持った会員が、集まり始め、13時前には、会場は、数多くの写真機やグッズとそれらの写真機で撮影した作品がびっしり展示されました。関西支部発足1年6ヶ月、その足跡が見られる会場になりました。

 昨年のミニフェスタの展示写真機は、缶カメラ、既存カメラにピンホールをつけたもの、ホルガの改造、ZEROや穴ガメなどの市販カメラが中心でしたが、今回は、会員のオリジナル写真機が中心になりました。ホルガも会員の個性が出た工夫されたものが多くみられました。写真も昨年は、「きれいに写っていますね」が話題でしたが、今回は、会員の個性と作風が見られるものへと変化しております。

c0084071_2347399.jpg

 展示された写真機は、50台、既存の改良機では、グラフレックスやペンタックス67二眼レフ、フジペットなどの中版機、35mmは、一眼レフもありましたが、焦点距離を短く工夫したレンジファインダーカメラが多く見られました。ホルガも約10台、69へ改良機したもの、独自のレリーズシャッターをつけたもの、など個性一杯でした。
 圧巻は、既存ホルダー使用カメラと100%手づくりカメラのコーナー、20台ものカメラが集合しました。 67、69、45サイズも各種、素材も木製、金属製、紙製など、昨年と大きく変わったことは、レリーズを使ったシャッターが、多くのカメラに付けられていることです。本格的な〇番や1番シャッターを付けたもの、プレスシャッターを付けたもの、ジャンクカメラから取り外したシャッターを独自に改良したもの、などなど、会員のカメラ作製の思想と技術を見ることができました。

 会場内が会員中心になったところで、それぞれが持参した写真機の前で、紹介とそれで撮った写真の説明をしました。質問も一杯飛び交いました。
 関西支部の「作って楽しみ」「撮って楽しみ」「談じて楽しむ」を遺憾なく味合えた一時であったと思います。会場に展示されたカメラの数々をご覧ください。

c0084071_235282.jpg


第二部  9月度例会             実施時間   15:30~17:00

1. 支部長挨拶の要旨
 1)雨が降る中、大勢の方にお集まりありがとうございます。ミニフェスタ関西、皆さんの成果がここに集まりました。 もっと多くの方に見ていただければベストですが、場所と時間の制約もあり、仕方がないと思います。次回以降、違う場所で工夫してやれるようになれば良いですね。c0084071_23374876.jpg
 2)久しぶりに約20名方が集まられました。最近欠席されている一部の方に、電話とメールを入れてみました。この暑さで、体調を崩されておられる方、赤ちゃんの誕生された方、一寸と言われる方、これから又お集まりになられると思います。


2. 次のことが検討されました。
 1)10月度の撮影会は、「秋の奈良散策撮影会」に決定いたしました。
  ① 日  時      10月28日(日)  13:00集合
  ② 場  所      近鉄奈良駅改札口出る スターバックスコーヒー前
  ③ その他       詳細は早急に発信します。
 2)撮影会に出席できない方、11月度の例会テーマは、「秋」「空」「夕日」としますので、撮影がんばってください。11月度例会にご持参の上ご出席ください。
 3)平成20年度実施予定のグループ展の参加者と出展数は、どのくらいになるだろうか?検討いたしました。 概ね20名から25名の参加で、50から60点であろうということになりました。額装や大きさなどは、今後検討することにしました。
 4)今年のスケジュールについては、次の通りとします。
  ① 10月28日(日)撮影会     秋の奈良散策撮影会
  ② 11月25日(日)例会      通常例会のほか「アンケート調査」報告
  ③ 12月16日(日)座談会&忘年会 今年一年の反省会と次年度のやりたいことなどを自由にご発言いただきます。

3. 「互評会」は、今回で2回目、まだまだ進行の仕方が定まりません。皆さんに色々実施していただく中で、進め方や方法を決めて行きたいと思います。どうぞ皆様の積極的な参加をお待ちしております。 グループ展へ向けての会員それぞれの「作品づくりの目」を養えればと思いす。
 1)田中会員
  ① 針穴写真を始めた動機、小室さんへ特別写真を送ったこと、それは針穴写真ではありませんといわれたこと、手づくりのピンホールを2枚いただいたことなど楽しいお話から進みました。(私は、いただいておりませんというお弟子さんがいました? だれ  KANDAさんでした)
  ② 日常の中で、目にふれたものを、柔らかな心で捉えたやわらかい、ふんわりしたイメージの写真数枚を発表されました。(お好きな写真だそうです。)
  ③ 画家になりたいと思っていたそうで(美大受験に実技があることを後で知りあきらめた・・・)、恩師からのアドバイス、絵には「赤と白」を入れると良い絵ができるといわれ、この写真もその通り・・・・素敵な写真でした。
  ④ 現在は、京都育ち、京都在住を活かし、休日には、祗園の町を撮り歩いていますとのことでした。楽しいトークを交え、楽しい発表でした。

c0084071_23303969.jpg2)瀬野会員
 ① テレビ画面とパソコン、プレゼン用ソフトをフルに駆使しての発表が始まりました。「針穴写真と私」「私の心情を表現する手段としての針穴写真」「なぜモノクロ写真か」など瀬野さんの針穴写真に取り組む姿勢と考え方が、良くわかりました。全員、テレビ画面と説明に釘付けになりました。        
 ② その後で、4枚の写真が、発表されました。勿論モノクロ、「人と風景」を瀬野さんの心に感じたものをストーリー化したもの、モデルは、ご主人、皆様大拍手でした。前段があって、なぜこの写真か、ということがわかりました。
  ③ 出席者は、プレゼンの内容も写真にも大拍手、「すばらしい」を通り越し「すごさ」を感じる発表でした。
  ④ 男性群からは、われわれには撮りたくても撮れない写真、心情の世界、ストーリーづくりまで、どのくらいかかったの?など色々質問が出ました。きっかり計画されたプレゼン、きっかり組み立てられた写真、参りました。
 次からの方も工夫して、色々な切り口で発表お願いいたします。

4. 「作品づくりのヒントコーナー」は、市橋会員が、担当しました。
 市橋さんは、各種雑誌に投稿したり、個展も毎年開催されておられます。
 今回は、針穴写真を一歩はなれて「作品づくりのヒント」をいただきました。
 「月刊誌フォトコンテスト3月号」に掲載されました、奈良東大寺のお水取りの一連の写真です。ご覧になられた方も大勢おられると思います。
  ① 撮影の場所を取り、撮影のチャンスを捉える苦心談や被写体になられた方との交流、肖像権の問題など場所が場所だけに大変苦労されたようです。
  ② 撮影には、日頃から、「テーマを明確にする」「いつも被写体を追い求める」「粘り強く撮る」「自信を持つ」などは、活躍するための条件のようです。
  ③ 針穴写真は、これからですが、「動きのある針穴写真」を、手持ちでも撮れるカメラづくりをしながら作品づくりをするとのことでした。

5. 11月度例会の発表を予定させていただいている方は、
 1)作品づくりのヒントコーナーは、京都  大塚 努 会員
 2)互評会は、大阪 吉田満利会員ともうお一人、どなたかお申込みください。

6. 今回のミニフェスタ&例会を終えて気になること、それは、カメラづくり、作品づくりにも、会員間の取り組みと力の格差が少し出始めているということです。針穴写真を始められたばかりの方、いま楽しくて、カメラづくりや撮ることに熱中し、がんばっている方、作家活動をされており、作品づくりだけに力を注がれている方、カメラづくりは、既に名人レベルの方など様々になっております。
 アンケートの結果を見なければなりませんが、どの階層に照準を合わせながら関西支部を運営するのか、益々難しくなるのではないかと思います。
 できるだけ多くの方に参加していただき、満足いただける、そして更に上のレベルにチャレンジしていただけるための運営を目指していく必要を感じました。
 11月、12月の例会では、このことを中心に議論や検討がされれば良いと思います。

参加者数 会員 18名(初参加 1名) その他 1名  合計19名
     
以上
[PR]
by jpps-kansai | 2007-10-05 00:15 | 座談会報告
8月度座談会の報告
 猛暑の中でしたが、14名の方が近畿各県から集まり、8月26日(日)座談会が開催
されました。今回は、会員の中で是非やろうと懸案になっていた事項も進行の中に組み
入れ、実施することができました。実施された内容は次の通りです

1. 支部長の挨拶のあと、市橋、黒川両会員から個展開催の案内

2. 支部行事打合せ事項は、
 1)7月の座談会で決定した事項の確認をいたしました。
   ① 支部展覧会の実施&実行委員メンバーの紹介。
   ② 支部名簿の作成手順の確認~いよいよスタートしました。
   ③ 今後の支部運営強化のための役員増員の確認(3~4名増員)
 2)支部展覧会実施に向けた実行委員会の発足と進め方の検討~川岸、黒川委員
   により、実施に向けた情報収集など準備作業をする。
 3)支部活動を活性化するための、「支部アンケート調査案」の説明と実施に向けた
   方法の検討をし、早急に実施することになった。9月中旬までに会員へ発送する。

c0084071_09332.jpg

3. 私のカメラ紹介コーナーでは、秋山会員が、新作の本格的4×5カメラを発表しま
   した。
 1)ホースマンなど大型カメラの中古部品を集め、アレンジされた1品です。
 2)大型カメラのシャッターを改良したメカは、圧巻です。皆さんから溜息が出ました。

4. 作品づくりのヒントコーナーは、神田支部長が、「JPS展文部科学大臣賞」受賞
   作品にスポットをあて、応募の動機、撮影の方法、一枚一枚の写真のポイント、
   撮影の苦心談、などを発表しました。幸運に恵まれたシャッターチャンス、静と動
   を撮り続けるカメラワークについての話が印象的でした。
   「日写連・大阪府本部委員」でもある川岸会員の講評・・・「文部科学大臣賞受賞
   にふさわしい作品だと絶賛され、4枚の組写真は、ストーリーがあり、短編小説の
   ごとくである。ブルーの基調、画像の変化もあり、深味のある発色、銀塩写真の
   美しさは卓越したものである・・・おめでとうございます」とコメントされる。

5. 会員の作品互評会では、今回テスト事例として、「篠原会員の写真の発表」の後
   「黒川会員の個展を映像化したもの」をプロジェクターで映し出し説明があった。
   次回以降もこのコーナーは実施し、「会員の作品づくりの目」を養うことになる。

c0084071_0101313.jpg

6. 9月度も座談会(例会)となりますが、大勢の方に集まっていただけるように昨年
   実施した「ミニフェスタ」形式の「会員のカメラと写真」の展示をし、併せて「私はこ
   れで撮りました」を発表することになりました。会員の皆様、準備を始めてください。
   会場一杯にカメラと作品を並べましょう。
 1)作品づくりのヒントのコーナーは、フォトコンテストなどにも投稿されており、個展
   も毎年開かれている「市橋会員」にお願いします。 
 2)互評会の発表は、京都の田中会員ともうお一方にお願いする予定です。

  次回以降も、座談会(例会)が、会員相互のレベルアップにつながるように実施して
  行きます。 ご期待ください。
[PR]
by jpps-kansai | 2007-09-02 00:17 | 座談会報告
2月度座談会の報告
今回の座談会は、1 /21(日)に大阪「海遊館」で実施された撮影会の
作品を中心に、その他の作品も展示しての開催になりました。

日 時  2007年2月25日(日) 13:00~17:00
会 場  JR加島駅前 モンセーヌ加島ヴィルコート モンセーヌギャラリー

参加者  18名

【内容】
 ピンホールカメラ作り、撮影方法や表現方法を何人の方に発表して
 頂き、にぎやかに楽しい情報交換の場となりました。

 またこの日、スポーツ報知新聞社から関西支部長に取材が入りました。
 掲載日は、3月21日(祝) 関西、四国、中国(一部除く)エリアでの
 発売です。

【次回の催し】
 撮影会、3月25日(日) 大阪・万博公園に決まりました。
 詳細は後日、ご連絡させていただきます。
[PR]
by jpps-kansai | 2007-03-06 14:07 | 座談会報告
12月の座談会&忘年会
ちょっとご報告が遅れましたが、今年最後の座談会について書いておきますね~。
(急に投稿依頼が回ってきたので、写真がないのですが、その辺は勘弁ください。)

---------------------------------------------

2006年度最後の座談会は12月17日(日)に大阪・加島にて実施されました。
参加人数は18名。

1.前回の和歌山撮影会の写真を展示 

  下見チームはお天気が良かったので、きれいな風景を。
  本番チームは雨の風景を。
 
  その他にもこの2ヶ月の間に撮った写真を展示して、お互いに感想を伝え合いました。


2.アイデアカメラの報告
  
  関西にはカメラ職人が多すぎる!
  毎回皆様のカメラ作成技術には驚かされっぱなしです。
  そのうち特許を取って頂きたいものですね♪
  
  カメラ作りに興味のある方は、ぜひ定例会にご参加いただければと思います。
  缶カメラから中古カメラの改造まで、様々なカメラ職人と交流いただけますよ☆


3.忘年会&ビンゴゲーム

  今回はちょっと奮発して、ビールやお食事を用意しました。
  写真を眺めたり、カメラの作り方を聞いたりしながら、ワイワイとおしゃべり。

  ビンゴゲームの商品は、ピンホールならではの
   ・手作り針穴プレート
   ・缶カメラを作れる缶
   ・展示してある写真をどれか1枚
   
   その他には、ミニ三脚やアルバム、Tシャツなどが出ました。


4.来年1月の撮影会

  来年最初の撮影会は、ペンギンパレードを撮影できるといいなぁ、ということで
  大阪・海遊館になりました。

  日時:2007年1月21日(日) 13:00~

      ※今回は今までと違って第3日曜日になるのでご注意ください。

  
  詳細はまた別途掲載させていただきます。


以上
------------------------------------------



(文責:KH)
 
[PR]
by jpps-kansai | 2006-12-30 15:03 | 座談会報告
10月の座談会報告
今回の座談会は、先月9/24に奈良で実施された撮影会での作品発表を中心に
いつもの通りにぎやかに集まりました。


日時:2006年10月29日(日) 13:00~17:00
会場:JR加島駅前 モンセーヌ加島ヴィルコート モンセーヌギャラリー
参加者:19名


1.
メインは作品の鑑賞、そして、カメラ作成のQ&A。
作品が好きな人は作品を、カメラ作成が気になる人はカメラ作成を中心に
スキャナーやプリンターなどについても、ギブ・アンド・ギブンで情報交換。

いつものことですが、笑いの絶えない、そして真剣なひととき。
ここで得た情報が次回の撮影やカメラ作成に役立ちます。
本当に勉強になりますね。


2.
会員の活動報告タイムは、盛り沢山の報告が。

・豊田会員の日本カメラ2006年12月号 月例コンテストで銀賞を受賞されました。 
・大阪・京都でのグループ展や個展のお知らせが続きました。

  ☆本当に、展覧会のお知らせがたくさんあります。
   もったいないので、順次掲載していきたいと思います。


3.
次回の撮影会は、11月26日(日)に、和歌山・加太を予定しています。
近畿を巡る撮影会も、和歌山と滋賀を残すばかりとなりました。

和歌山近辺の方で、いつもは遠くて行けない!と思っておられる方は
ぜひ、ご参加いただければと思います。

詳細は別途、ご連絡させていただきます。


4.
そして、12月の座談会について。
いつもの通り 『その月の最後の日曜日』 とすると
12月31日(日)になってしまいますので、ちょっと変更させていただきます。

日時:12月17日(日) 午後
会場:JR加島駅前 モンセーヌ加島ヴィルコート モンセーヌギャラリー

こちらも、詳細は別途ご連絡させていただきます。



以上、10月の座談会のご報告でした。
また、お会いできる日を楽しみに、撮影に、カメラ作成に励みたいと思います。

展覧会のある方は、準備が大変かと思いますが、頑張ってください!
[PR]
by jpps-kansai | 2006-10-30 20:48 | 座談会報告
8月の座談会報告
今月の座談会は、7/30に神戸ハーバーランド一帯で行われた撮影会の作品発表を中心に行いました。撮影会に参加しなかった会員は、最近撮影した作品を展示しました。

日時:2006年8月27日(日) 13:00~17:00
会場:JR加島駅前 モンセーヌ加島ヴィルコート モンセーヌギャラリー
参加者:22名

c0084071_440995.jpg


会場の壁いっぱいに、皆さんの力作がずらりと展示されました。回を重ねるごとに、展示する作品の選択、アピールする大きさ、レイアウト方法等、上達していくのが良くわかります。撮影時のエピソードや、使用針穴カメラやフィルムの種類を聞けるのも、毎回の楽しみです。

展示して作品を見せ合うだけでなく、今後のレベルアップした作品づくりのために、各会員の撮影時のこだわっている事や表現したい事を自由に発言し、質問し合いました。笑い声が絶えない楽しい会話の中にも教えていただく事も多く、とても勉強になります。

c0084071_45724.jpg


また今後の関西支部の活動方針や、撮影会座談会の役割り分担についても話し合いました。今後も楽しい支部活動と針穴ライフが送れるように、みんなで協力し合って行く事になりました。

次回は9月24日に奈良で撮影会を予定しています。
詳細は決定次第お知らせします。

-----------------------------------------------
JPPS関西支部長の神田和幸氏のピンホール写真が、日本カメラ 2006年9月号の日本カメラ月例コンテストで金賞を受賞されています。おめでとうございます。
[PR]
by jpps-kansai | 2006-08-29 22:00 | 座談会報告
5月の座談会
撮影会の後は、座談会で作品を見せ合うのが恒例となっています。今回の座談会は、先月京都で行われたWPPD撮影会の針穴写真の発表会を中心に行われました。

日時:2006年5月28日(日)13:00~17:00
会場:JR加島駅前 モンセーヌ加島ヴィルコート 集会室
[PR]
by jpps-kansai | 2006-05-28 22:00 | 座談会報告


JPPS 関西支部のブログ
カテゴリ
例会報告
撮影会
撮影会報告
支部展
ワークショップ
ワークショップ報告
イベント
イベント報告
座談会報告
お知らせ
その他
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧