人気ブログランキング |
4月度例会の報告
 平成20年度最初の例会が、4月20日(日)14時から開催され、14名の方が参加され
ました。
 お楽しみ情報交換会は、3月の京都撮影会の写真を期待しましたが、やはり雨天で思
わしくなかったようです。皆さん思い思いの写真を展示されました。
三崎会員が、「漆塗りのボディー」と「渋い特別塗装」の2台、海外での作品と一緒に展示
されました。また黒川会員の「8×10写真機」、篠原会員のジャンク「ツアイスイコン69」、
木工技術最高の今本会員の手づくりカメラなどなど楽しいそして進化した針穴写真機が
並びました。作品について、説明や現在の取り組みを発表し、情報交換会は終了いたし
ました。

例会の内容

1. 支部長挨拶及び協会情報
   今、ご覧のように皆さんのカメラは、スタート時点から見ると一段とレベルアップして
   おります。
   ただ写るから、商品になるようなものまで出来ております。
   いよいよ作品づくりに力を注いで、がんばってください。支部展がんばりましょう。
   新年度の支部会員数は、53名(昨年度末67名)、まだ本日ご出席の方の中にも
   手続きを完了されていない方がおられます。早めの継続手続きをお願いいたします。
   例会の前に役員会を開催しました。色々今後の本部との関係や支部のあり方につい
   て打合せいたしました。

2. 会員の方の個展やグループ展情報は、次の通り。開催日まで、時間的余裕のある
   ものについては、改めてご連絡いたします。
1) はりあなの記憶 2008 4月26日(土)~5月5日(月)
   場所 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7階
   gallery  maggot  電話 06-6940-7257
   出展会員は、林和恵、吉田満利、黒川武彦、今本啓嗣、細井久美、大前好紀、
   豊田秀一、森脇順、岡本芳樹、土屋美智子の10名の方々です。
2) 深泥池展   4月30日(水)~5月6日(火)
   場所 京都市上賀茂町畔勝97-3 地下鉄北山駅 北へ歩いて5分
     長久堂 北山店  地下ホール
   天然記念物に指定されております「深泥池生物群集」に関連する、写真、日本画、
   洋画そして生態観察記録などあらゆる分野の総合的な展覧会です。
   毎年、松原活泉会員が、針穴写真と針穴写真器(?)を出展されています。
   ピンホーリングされるには、「深泥池」「府立植物園」「賀茂川」など絶好の撮影スポ
   ットがあります。連休の一日、楽しくお過ごしいただけると思います。

3. 支部役員の選出について
   1)支部長より、本日、役員の方に集まっていただき色々協議いたしました。
     その結果、本部提出の役員、支部長は、神田、会計は黒川会員、監事は、秋山
     会員、それぞれ前年度どおりとし、今年度から新たに運営委員を一人選出する
     ことにいたしました。支部長の補助機能をすることになります。
   2)どなたかやって見たいと思われる方はおられませんか?の呼びかけに、皆さん
     から支部長一任の声があがり、支部長は、書記の篠原会員を指名しました。
   3)篠原会員より、一応お受けするとして、一人だけで運営するのは無理だと思いま
     す。運営委員は、元々4~5名ということが、前回の例会で決まっていることです
     と返答される。結論として、代表運営委員は篠原会員、会計役員の兼務も含め、
     各地域を勘案し、3~4名を選出する。これについては、次回までに決定すること
     になりました。

4. 今後のスケジュールについては、当面6月度の例会までが決まりました。
   1)世界ピンホール写真デイ賛同撮影会は、予定通り開催いたします。
     ① 集合日時   4月27日(日) 13:00(雨天決行とします。)
     ② 集合場所   大阪万博記念公園中央入口を入ったところ(太陽の塔前)
     ③ その他    お申込みの必要はありません。集合の後、簡単な打合せをし、
       その後自由撮影といたします。

   2)5月度撮影会は、5月18日(日)神戸で開催いたします。
     ① 集合時間   13:00(雨天決行します。)
     ② 集合場所   JR三ノ宮駅 中央改札口を出たところ付近
     ③ 内  容   天候状況を確認しながら、撮影場所を選定いたします。
               予定場所 北野異人館辺りまたは花鳥園(雨天の場合)
3) 6月度は、ミニワークショップ&ミニ例会を開催いたします。
     ① 日  時   6月29日(日)  14:00~
     ② 場  所   加島ギャラリー
     ③ 内  容   ワークショップ   14:00~15:00
              露出換算表をダイヤル化する。参加費用@1000円
              秋山会員が担当されます。詳細は、後日ご連絡します。

5. 第一回支部展覧会について打合せしました内容は、針穴写真だより4号で、お知ら
   せいたします。お待ちください。

6. 互評会は、杉本康雄会員が、発表されました。
   この2年間の針穴写真に対する取組みをその代表的な写真で話を進めていかれま
   した。それは、針穴写真の魅力に取り付かれた一枚の写真、そしてあらゆる面から
   針穴写真を追及されていることなど、皆さんは、その姿勢に考えさせられることが多
   かったことと思います。
   針穴写真撮影のテクニックを見出せるかもしれません。
    ① 光のルネサンスは、光と闇の中に言い知れぬ何か(科学と宗教)を感じた。
    ② 動く乗り物から、外の景色を撮る。関西一円の路線をとってみるのも・・・・
    ③ 1枚の写真の中に、遠近感をあらわす。写真で撮ると別世界が、できるかも・・
    ④ 手持ち撮影で、花をぶらして撮る。半分は、固定、残り半分をぶらす。
    ⑤ 人の流れ、静の中の動をとらえる。針穴写真の独特の雰囲気をかもし出す。
    ⑥ とにかく注目のスポットを針穴しよう!見る人の心の目でとらえるとものや景色
      は、変わった形を見せてくれる。あなたの目は、どちらの目?
    ⑦ 手持ち撮影のスナップ写真、針穴写真のとりこになった一枚、この一枚の詳細
      な説明はありませんでした。大切にしたい一枚だそうです。
                                                 以上 
by jpps-kansai | 2008-04-26 22:44
<< WPPD撮影会&5月度撮影会の... 4月度例会のお知らせ >>


JPPS 関西支部のブログ